アコムの返済方法とは

アコムの店頭窓口での返済以外にもATMなど様々な返済方法がある

アコムで借り入れをしている人のなかにはアコム返済方法の便利さに惹かれて申込みをされた人がたくさんいるかと思います。そんなアコム返済方法は一体どんなものがあるかと言うと、全国のアコムの店頭窓口での返済の他にアコムの専用のATMがあります。
アコム返済方法の一つとしてアコムの店頭窓口 そして、アコムの専用のATMの場合は24時間いつでも営業していますし、365日年中無休となっているので忙しい人には非常に便利になっています。
また、他にもアコム返済方法はいろいろとあり、コンビ二やショッピングセンターでの返済も可能になっています。
セブン銀行での返済を利用されている人が多いかと思いますが、各コンビニエンスストアのATMでは24時間いつでも返済が可能になっています。

また、大型ショッピングモールのイオンにあるイオン銀行のATMでも返済ができるようになっていいます。
これだけでもアコム返済方法の便利さに驚かれる人がいると思いますが、実は振込みや自動引き落としでの返済方法もあります。
提携先の金融機関のATMで返済が可能になっていますし、また、アコムが指定している口座へ振り込みや、利用者の指定している口座からの振替えもできるようになっています。
最後にアコム返済方法として、インターネットでの返済方法も可能になっています。
何種類もあるアコム返済方法のなかでも、インターネットからの返済方法というのは24時間、携帯電話やパソコンから銀行振り込みで返済ができます。

これならば返済も自宅からできるようになっていますので、家から出るのが面倒なときには最適なアコム返済方法になっています。
アコム返済方法は充実していますし、安心で安全なキャッシュローンで申し込みを検討してみてください。
急な出費があったときでもアコムならば申し込みが簡単ですし、審査に通過すれば即日借り入れができるようになっているので、すぐ利用ができるアコムが便利になっています。
多くのキャッシュローンのなかでも口コミの評価の高い、アコムで充実した借り入れをされてみてはいかがでしょうか?
きっと、アコムならば誰でも安心して借り入れができますし、無理なく、返済計画もたてていけるので生活に苦労することなく、返済ができるかと思います。
ぜひ、安心で安全なアコムで申し込みをしてみてください。

結婚式の費用にアコムのブライダルローン

ブライダルローンは結婚費用に限定した目的別ローンなので結婚に関する費用以外の使い道は認められていません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスでリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

ブライダルローンで許可されている使い道には挙式・披露宴や衣装のほかにも新婚旅行の旅行費や、新居に関する礼金敷金なども認められています。

フリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類が必須となっているところです。

結婚式場が発行した見積書や請求書が融資を受ける上で必要不可欠な書類となり支払完了後には領収書や振込控えなどが必要になることもあります。

ブライダルローンを組む時の必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態を融資条件にしているところも多く勤務証明書を求められる場合もあります。

ブライダルローン使用目的が限られていますから結婚式場などの請求書や見積書も必要です。

既に払いを済ませてしまったところがある場合はローンの対象外になることがあります。

ブライダルローンを利用して代金を支払った式場代などの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することになります。

参考:ブライダルローンはアコムがおすすめ?【無利息で借りる条件?】

ブライダルローンは各金融機関にて提供されていますが何を決め手にして選べばいいのでしょうか?

ブライダルローンは資金用途が制限されたローンなのですがお金の使途に関する制限というのは、実は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行は新婚旅行費用だけの借入れは不可とされていますしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

つまり、ブライダルローンの選び方で大切なポイントは資金使途の範囲がどこまで許可されているかをということになります。

低金利で融資限度額が大きいに超したことはありませんが毎月の返済額のシミュレーションを行い、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が、前年度の税込年収の50%以内であることが条件となっており条件をクリアできないと融資を受けることができません。

さらに低金利な変動金利も選ぶことができます。

また、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用しているという人、または過去に利用していた人は更に年0.1%の金利引き下げとなります。

申込ができる人は満20歳以上満66歳未満の人勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上必要で、前年度税込年収が200万円以上となっています。

総量規制をご存知ですか?総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止にした規制で消費者金融などの貸金業者に適用されるものです。

結婚式にかかる費用は約250から350万円はかかると言われていますので総量規制を計算すると、750万円から1 050万円の年収が必要になる計算です。

これから式を挙げようとする若い人はそんな年収はない人が大半でしょうしこのままでは結婚式を挙げられないのでは?と不安になってしまいますよね。

しかし、銀行は銀行法によって規制されていますから貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外となります。

ただし、クレジットカードのキャッシングでお金を借りると貸金業法が適用され総量規制の対象となってしまいますことご注意下さい。

ブライダルローンとカードローンはローンを組んで借りると言う点では共通していますが両者には大きな違いがいくつかもありますので注意しなければいけません。

ブライダルローンというローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンで、カードローンは消費者金融等が提供しているフリーローンと呼ばれるものです。

貸出金利についても両者は大きな差があり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%と非常に高金利に設定されているのがわかります。

手続きや審査に関してはブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは割と審査が簡単とされていて、即日融資も可能だったりします。

一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンだと、は実績を積まなければ数十万円程度しか借りられません。

貸付利率は6.0%から13.2%、融資金額は10万円から300万円となっています。

収入や雇用形態などは特に気にしなくても良いようです。

返済期間は6か月から最長で7年(84か月)を設定することができ融資金額が50万円以下の場合は最長で4年です。

申込に必要な書類はローン申込書、本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しですが、オリコでの融資総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必須となります。

又、オリコ以外にも他の貸金業者からの借金総額が100万円を超える場合も前年度の源泉徴収票や直近3カ月以内(連続する2か月分)の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンとは結婚に関する費用を貸してくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低いというメリットがある一方で、普通のカードローンと比べて手間や時間がかかるというデメリットもあります。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関わる資金には、結婚指輪や結婚式のほかにも新婚旅行や新居への引っ越し費用などかなりのお金が必要です。

ある程度結婚資金を貯めてから結婚しようと考えている方もいるかと思いますが低金利のブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです。

楽天銀行にはブライダルローンがあり楽天会員の方であれば簡単にオンライン手続きが可能です。

金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており返済額は月々1万円からOKです。

楽天銀行の最大融資額は1人あたり500万円までという点です。

ブライダルローンでは500万から差し引いた額、つまり200万円までしか借りられないのです。

融資実行後は領収書等、支払が確認できる書類を提出しなければいけません。

ブライダルローンで1番かかるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、相場はいくらぐらいなのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で2位は400万円から500万円(約12%)、3位は350万円から400万円(約10%)となっているようです。

全国の平均相場価格は専門誌やサイトによってある程度ばらつきはありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行費、新居の礼金敷金・賃貸料、家具や家電などでプラス100万円以上かかってしまいます。

更に「できちゃった婚」の場合には出産費用や新生児用品の購入費も必要となってきますのでプラス20から30万円を見積もってローンを組む必要があります。

ブライダルローンを結婚式のため利用するという方が多いと思いますが借金に変わりないので、事前にシミュレーションをすることが重要です。

結婚式費用だけでも300万円が相場なのでそこから毎月の返済額や金利を計算してみましょう。

借入金が300万円、ボーナス払いはナシ、金利は7%、毎月の支払を4万円で計算してみたところ、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月という結果に。

ご祝儀の収入で返済をしようと計画していても結婚式は赤字になるのが普通なので、300万円規模のお式で100万円くらいは赤字になる人が大半です。

ご祝儀をあてにして100万円のローンを組めばいいと思うかもしれませんが必ずしも想定した額のご祝儀を受け取れるとは限りませんから、当てにするのは危険です。

ブライダルローンは低金利なのがメリットの1つですがキャッシングであることは変わらないので、返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々の返済はまず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済されます。

そして残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長引くほど利息が多くなってしまいますので可能であれば返済期間を短くし、早めに完済してしまうが支払総額を抑えることができます。

ブライダルローンの借入が結婚式の御祝儀で賄えるのであれば少し無理をしてでも一括返済してしまった方が無駄に利息を支払わずに済みます。

ご祝儀では賄いきれない場合は返済計画をきちんと立て無理のない返済をしていきましょう。

現在、カードローンなどでキャッシングを利用しているという方はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

新規の借入先として消費者金融を考えている人は総量規制がかかってきますので年収の半分を超える借り入れはできません。

事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行でも無制限に貸してくれるというわけではなく、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのですでに、カードローンなどを利用している銀行からさらに追加で融資を望んでいるという場合は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借入可能ですが1人当たりの貸付総額が500万円のため、すでに楽天スーパーローンを300万円借りているという人は200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合も最大融資額は300万円ですが、みずほ銀行で無担保ローンを利用している人は、貸付残高(ブライダルローンを含む)が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまうというシステムになっています。

銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライダル専門のローン用意しているところもありますがほとんどの銀行では多目的ローンといった形で対応することが多いようです。

一方でクレジットカード会社が提供しているブライダルローンもあるのですが、こちらは結婚式場と提携している場合が多く、クレジット会社が指定する結婚式場で挙式をあげることが融資の条件となっていることが多いです。

銀行の金利が5%から7%に対し式場提携タイプのローンの場合、6.0%から15.9%と高めになっています。

金利面から判断すると銀行のブライダルローンのほうが有利に思えますが、クレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。

その中イチオシなのがジャックスのプレシャンテです。

金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上、限度額は500万円で、クレジット対応なので口コミ評価はかなり良いようです。

ブライダルローンは結婚関連の出費のみ利用可能という制限がありますが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

新居を購入することになれば、ほとんどの人が住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

普通、住宅ローンの頭金はたくさんあればあるほど良いとされていて物件価格の2割から3割あるのが理想的です。

つまり、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円必要ということですから簡単に用意できる金額ではありませんよね。

そこでブライダルローンの登場です。

ブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利でローンを組むことができるのです。

関連リンク

アコムの返済方法さまざま?【コンビニ・ATM・振込み・引き落とし】
アコムにはたくさんの返済方法があり、いつでもどこからでも返済できとても便利。アコムが人気の理由のひとつです。
学生ローンを比べる
学生にもスピーディーで親切なアコムは、高い支持を得ている。アルバイトなどの安定した収入があれば申込むことが可能。
コマーシャルで有名なアコム
アコムはコマーシャルは有名なタレントさんが出演していてとても有名で消費者金融の老舗の一つ。CMのフレーズも有名。
アコム利用者の意見を紹介
アコムの利用者の意見も高評価。利益だけにとらわれず、客観的な判断だけで無理な融資をしないという良心的な会社のイメージだ。
むじんくんは女性でも利用しやすい
視線を気にすることなく手続きが出来るむじんくん。周りの視線が気になる女性も安心してむじんくんを利用している。
名高いアコムのサービス
口コミや評判も常にトップクラスの名高いアコム。審査はスピーディーでサービスも充実しているのが人気の秘密
アコムの手数料って?
借り入れや返済の際に必要な手数料。アコムの手数料って一体いくらなのか、キチンと調べてから申し込もう。
アコムの自動審査のコツとは…
アコムで自動審査のコツは、情報を正しく記入すること。間違いがないか、いちど見直してから審査しよう。
むじんくんで申し込み
むじんくんは、誰にも会わず自分のペースで申し込みができる。とても便利で手軽なので、利用者数も年々増加。